賃貸での水回りのトラブルについて

賃貸での水回りのトラブルについて

寒冷地賃貸物件での水周りで注意すべきこと

私が北の雪深い地域の賃貸アパートに住んでいた時。冬の心配事の一つが、水道の凍結でした。この地域に住む以前は雪とは無縁の温かい地域に住んでいたので水道の凍結なんてことは知りもしませんでした。そんな言葉すら知らなかったほどです。

アパートを契約する際に大家さんから説明があったはずですが、話をしたのは春先ですし、水道の凍結を心配しなくてはいけない真冬の時期はほぼ1年後ですからすっかりそんな事は忘れてしまっていたのです。初めて水道を凍結させた、あの朝までは。

その日は天気がすごぶる良い日で、放射冷却現象とやらで、特別冷え込みがきつかったらしいのです。朝起きてさて便所に行くかと、寒さに耐えながら、寝ぼけながらも無事用を足し、いざ水を流そうとタンクのコックをいつものようにひねると、水は流れるのですが、水を流すのと同時に出るはずの手洗い用の水が出てこない。あれっ?と思いながらも、元来大雑把な私はそのままその事はなかったことにしてスルーし、顔を洗おうと洗面台の蛇口をひねりました。なんと水が出ない。そこで、これはちょっとおかしいのではないかと思い始めた私は、キッチンの蛇口に向かい勢いよく蛇口をひねりましたが、やはり水は出ませんでした。そうです凍結してしまったのです。でもすぐには凍結させたという考えには至らず、断水か何かだと思っていました。無知というのは恐ろしいものです。途方にくれて、友人に電話をかけ、断水してる?って確認したところ、友人の指摘により水道の凍結であるという事実を初めて知ったのです。初めての水道凍結、朝からかなり焦った出来事でした。

推奨記事

Copyright (C)2018賃貸での水回りのトラブルについて.All rights reserved.