賃貸での水回りのトラブルについて

賃貸での水回りのトラブルについて

賃貸物件の水周りの確認の方法

賃貸物件に関するトラブルのひとつとして水周りの問題があります。賃貸物件には原状回復義務があります。つまり、契約前から水周りの不具合があったとしても契約後に気づいた場合には修理しなければならないこともあるということです。また、水周りの不具合は普段の生活にも大きな影響を与えることから契約前にしっかりとチェックして、そのようなトラブルがないようにすることが大事なことであると言えます。しかしながら水周りのトラブルは気づきにくいものでもあります。実際に不動産業者の許可をもらって水道の水を流して良いのであれば、水漏れを確認することができますが、物件によっては入居していない物件は水道を止めている場合もあります。

そのような場合には蛇口などの色の変化を見ることがひとつの方法であると言えます。蛇口などに黒カビなどが付着している場合には水を流したときに水漏れを起こす可能性が高くなっています。蛇口のトラブルには水の止まりが悪いことや蛇口から水漏れが発生するというものがあります。このようなトラブルは放置しておくと水がポタポタたれることから水道代もかかります。蛇口の異変がある場合には写真を撮るなどして不動産業者に相談することが大事です。

推奨記事

関連リンク

Copyright (C)2018賃貸での水回りのトラブルについて.All rights reserved.