賃貸での水回りのトラブルについて

賃貸での水回りのトラブルについて

賃貸物件の水周りのチェック

賃貸物件を借りるときに大事なこととして、賃貸契約を結んだ場合には契約が終わるときには借りる前の状態にしなければならないということです。つまり、契約期間に破損することがあれば、それについては修理する義務があるということです。つまり、契約前に破損がないかをしっかりとチェックすることが大事なことであると言えます。では、チェックする部分としてはどのような場所があるのかというと、必ずチェックしておくべき場所として水周りが挙げられます。床の傷などであれば目視により確認することができます。しかしながら水周りの破損状態は目視では気づきにくい部分もあります。

では、どのようにして確認すれば良いのかというと、ひとつは物件を取り扱っている不動産の許可をもらってから実際に水を流してみるということです。そうすることによって水道などの水漏れがあるかどうか判断できます。また、もしも水漏れがあった場合には不動産業者に修理の依頼をしなければならないことから証拠を取るためにデジタルカメラなどを持参して記録を残しておくことが大事なことであると言えます。また、水を流すことができない場合には蛇口の劣化具合をあらかじめ確認することがひとつの方法となります。

推奨記事

関連リンク

Copyright (C)2018賃貸での水回りのトラブルについて.All rights reserved.